検索
  • bionist

皮膚常在菌ってなに?


◆美しい肌は、強い肌である。

うるおいとハリに満ちて、キメのととのった美しい肌。

肌トラブルに見舞われることもなく、乾燥や刺激に悩むこともない肌。

こんな肌にあこがれませんか?

実は、お肌のバリア機能を強化することで、乾燥や刺激に負けない強い肌になれるということをご存知ですか?

美しい肌は、バリア機能が正常に機能しているからこそ、乾燥や刺激から守られて、うるおいとハリに満ちた若々しさを保てているのです。

では、その「バリア機能を強化する」というのは具体的にどういうことか、今回は説明させていただきたいと思います。

◆バリア機能を正常に保ってくれる皮脂膜

肌のバリア機能は肌表面の皮脂膜によって保たれています。

皮脂膜がなくなると、肌は外部からの刺激を防ぐことができなくなり、肌トラブルに見舞われやすくなります。また、うるおいを保持する力も低下するので、乾燥肌になってしまいます。

実は、この肌表面の皮脂膜は、肌に存在する常在菌が生み出してくれているものなのです。

◆肌の健康は皮膚常在菌バランスにかかっている!

皮膚常在菌は、私たちの肌に常に存在する微生物です。

「腸内フローラ」という言葉を最近よく耳にするかと思いますが、 人の健康を腸が左右する、そして腸の中にいる菌がその健康のカギを握っているということをご存知でしょうか? 腸内の菌が良好な状態であれば、体の健康も保たれやすいのです。

皮膚についても、実は同じことが言え、まさに皮膚常在菌が肌の健康のカギを握っているのです。

腸内と同じように、皮膚にも様々な菌がいて、主に「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」というカテゴリーに分類されています。

【善玉菌】

その名のとおり、お肌にとって良いことだけをしてくれる菌。皮膚にうるおいを与え、乾燥を防ぎ、外部刺激から守ってくれます。

代表的なものとして表皮ブドウ球菌等がいます。

【日和見菌】

皮膚上の善玉菌と悪玉菌のバランスによって、よくも悪くもなる菌。

代表的なものにアクネ菌等がいます。

【悪玉菌】

肌トラブルを引き起こす菌。湿疹や傷口の化膿の原因になったり、ニキビやアトピーを悪化させます。代表的なものに黄色ブドウ球菌等がいます。

◆常在菌バランスが崩れると皮膚トラブルが起こる

皮膚上の善玉菌の数が多ければ、日和見菌も悪玉菌も肌に影響を与えることなく、肌は美しく健康に保たれますが、このバランスが悪いと、すぐにニキビが出来たり、肌の赤味がひかなかったりします。

さらに、それだけではなく、うるおいを保持する力も生み出す力も弱くなってしまうので、乾燥肌に傾きシワやたるみができやすくなったりしてしまいます。

そして、皮膚常在菌バランスが悪いと、皮膚の上に外部からの刺激や悪玉菌の付着を防ぐ被膜を作ることができないので、少しの刺激にも反応しやすくなり、敏感肌になるのです。

◆常在菌バランスを整えることで乾燥肌と敏感肌にさよなら!

皮膚常在菌のバランスを整えることで、皮膚のバリア機能を強化し、乾燥肌、敏感肌を改善することができます。

いつまでも若く美しい肌を手に入れるには、まず基本となる肌の基礎力を上げる必要があります。弱っている肌にいくらよい美容成分を与えたところで、十分な効果は期待できません。

美しく若々しい肌を保つための第一歩は弱った肌を改善してあげることです。

あなたも強い肌を手に入れて、うるおいに満ちたハリと透明感のある肌を手に入れませんか。

#皮膚常在菌 #弱酸性 #敏感肌 #乾燥肌 #エイジングケア

0回の閲覧

Copyright © 2016 RoundRing All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon