検索
  • bionist

善玉菌を増やして美肌に導く方法


◆美肌の人は善玉菌をたくさん持っている

前回は皮膚常在菌について簡単に説明しましたので、今回はその常在菌たちのバランスをいかにして整えていくかということについて書きたいと思います。

善玉菌の代表格:表皮ブドウ球菌

日和見菌の代表格:アクネ菌

悪玉菌の代表格:黄色ブドウ球菌

皮膚に存在するこれらの常在菌たちは、絶えず増殖して、テリトリー争いをくりひろげています。

善玉菌が多いときは日和見菌は良い働きをしてくれますが、悪玉菌が増えてくると、一転して肌トラブルの原因になったりします。

日和見菌の代表格であるアクネ菌はニキビの原因菌として有名なので悪玉菌と思われがちですが、実は普段は善玉菌と同様の働きをしてくれているのです。

善玉菌は皮膚にある余分な皮脂を食べて保湿成分であるグリセリンを分泌してくれます。このグリセリンがバリア機能となり、お肌にうるおいを与え、外部刺激から守ってくれるのです。

アクネ菌も普段は余分な皮脂を食べてグリセリンをつくってくれる大切な善玉菌です。

ところが、毛穴に皮脂がたまったりしてしまうとアクネ菌が毛穴の中で増殖して炎症を起こします。

これがニキビになるのです。

アクネ菌を過剰増殖させないためには、善玉菌である表皮ブドウ球菌にしっかりと皮脂を食べてもらう必要があります。

また、善玉菌にはお肌を弱酸性に保ってくれる作用もあります。

お肌のpHがアルカリに偏ると、悪玉菌である黄色ブドウ球菌が大量発生します。

アトピー性皮膚炎の方の肌はアルカリに傾いているという傾向もあり、お肌を弱酸性に保ち、悪玉菌を増やさないことが美肌を保つ秘訣でもあるのです。

◆善玉菌を増やす方法

ここまで書いてきたことで、美肌を保つためには善玉菌にしっかりと増えてもらうことが大切だということが分かるかと思います。

では、どうやって善玉菌を増やすのかそのポイントを説明していきたいと思います。

1)肌を洗いすぎない

洗顔やクレンジングにより皮膚常在菌は洗い流されてしまい、数が激減します。余分な皮脂も洗い落とされますが、善玉菌が増えるために必要な皮脂まで流されてしまうと、増えることができなくなってしまいます。善玉菌がいなくなることで皮膚がアルカリ性に傾き、悪玉菌を増殖させる要因につながります。

2)化粧品を使いすぎない

意外なことかもしれませんが、化粧品の使い過ぎは常在菌バランスを崩す大きな要素の一つです。

化粧品に含まれる防腐剤やアルコールが皮膚常在菌を殺菌してしまい、善玉菌の活動を抑えてしまいます。1品1品に配合される防腐剤の量はお肌に対してそれほど刺激を与えませんが、使う数が増えることによって防腐剤とアルコールの総量も増えてしまいます。

化粧品はなるべく使う数を減らし、シンプルケアをすることがおすすめです。

3)善玉菌だけが増える成分を与える

上記のケアに加えて、さらに有効なのが善玉菌だけが増える成分を与えることです。日和見菌や悪玉菌が食べることができず、善玉菌だけが食べられる成分を与えることで、肌の常在菌バランスは劇的に改善されます。

善玉菌がたくさん活動できる状態を保つことで、アクネ菌や黄色ブドウ球菌などの活動を抑え、トラブルのない美肌を保つことができるのです。

◆皮膚常在菌バランスを制してトラブル知らずの美肌になろう

高額な美容液やたくさんの化粧品を使うよりも、安く・手軽に美肌を手に入れられるとしたら、あなたはどうしますか?

乾燥肌、敏感肌、肌の衰えなどに悩みのある方はぜひ善玉菌を増やす育菌美肌ケアを試してみてください。

#皮膚常在菌 #成分 #お手入れ

242回の閲覧

Copyright © 2020 RoundRing All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon